ミソノピアロゴ

施設長から読者の方へ

「曇りのない目」を手に入れること

画像

ご入居者様 ご家族様

みなさまには、“事後報告”ということになりまして申し訳ありません。
10月中旬に、左目“白内障”手術を終え、ホーム運営に対して業務停滞にならぬようにと・・・
ミソノピアホームモデルルーム(605号室)に“安静期間”として10月12日~18日まで滞在しておりました。
両隣の居室の方々にはご挨拶をさせていただきましたが、普段出入りがないモデルルーム(605号室)にさまざまな職員が出入りしていたことでおどろかせてしまったこと申し訳ありませんでした。

モデルルーム(605号室)に一週間滞在できたのも、職員の協力があってのことでした。

職員へ、業務を止めるような負担をかけないように・・・と考えモデルルーム(605号室)に滞在したのですが逆に気を遣わせてしまったのではないかとも思ったりしましたが、一週間の感想は、“ここちよく過ごさせていただきました”です。
ここちよく風が入ってくる窓、ベランダに出ると太陽の光、青い空、白い雲、大きな緑の木々・・・
そして、玄関ドアを開け冗談を言いながら入ってくる笑顔の職員。

左目の手術後、視力が“0.3” → “1.2” と良くなりました。

この当たり前のような日常の風景が、僕の左目には、すべてがはっきりと活き活きと見えます。
ホームに滞在するという体験をさせていただき本当に感謝しております。
“貴重なる体験”を、通して左目同様に、物事の真実の姿をはっきりと見分ける“心の目”も養っていきます。

もし、左目同様、心の目が白く曇っているのならば、きれいに磨きなおします。
きれいに磨きなおすためには、この度は眼科ではなさそうです。

“相手の気持ちを考え”“相手がしてほしいことを考え”相手の立場に集中する時間を、今まで以上につくっていこうと思います。
行動を変え、自分の心を磨き、ミソノピアホームのさらなる発展の為に活かしていきます。

追伸:No Rain No Rainbow (雨のないところに 虹はない)
術後の安静時期も過ぎ、久しぶりに通常通りの業務を行った朝
エレベーター前の窓から、大きな虹を見ることができました。

にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 介護ブログへ

シェアお願いします↑