ミソノピアロゴ

スタッフ、頑張ってます

音楽療法士コンサルティング

コンサルの様子

緊急事態宣言が延長になる中、外部の方によるデイサービスや介護室のアクティビティは中止が続いていますが、そんな中でもスタッフ研修は行われています。この日はリハビリ室に所属の音楽療法士、青木さんのコンサルティング。担当はもちろんTMG/Piashの山下一郎先生。山下先生と青木さんはお二人でピーナッツduoというデュエットを組んでいるんですよ(^ ^)

コンサルの様子
まずはセッティングから

コンサルティングの内容はそのデュオの練習がメイン。青木さんの歌、山下先生のギター、お二人のピアノに青木さんのトーンチャイム。取り組んでいるのは、誰もが一度は耳にしたことのある日本のスタンダードから懐かしの名曲、そこから更にジャズやボサノヴァへのアレンジまで。

コンサルの様子

加えて、ただ単に歌を聞かせるだけでなく、音楽の果たす役割や高齢者の方への影響をきちんと見極めること、そのための理論も余すところなく山下先生から青木さんへ伝えていただいています。好きな音楽や元気な曲を聞いたら楽しくなるよね、だけではないんですね。

コンサルの様子
様々な学説も交えて理論研究も

青木さんがリハビリ室に所属していることも重要な点。リハビリと音楽療法がこの先どう関わり合っていくのか、デイサービスや介護室でのアクティビティがどう進化していくのか? それにつけても、一日でも早くコロナ禍が収束することを祈りたいですね・・・

コンサルの様子
にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 介護ブログへ

シェアお願いします↑