ミソノピアロゴ

ミソノピアの毎日

with covid19は心の時代?

デイ・アクティビティ

豊田マネージメント株式会社グループ、ピアシュの山下一郎先生・中根篤さんによるアクティビティ。当面はwithコロナに合わせた仕様で行われるそうです。換気、マスク、デイスタッフによる、お越しになられる皆様の体温測定はもちろん、様々に工夫を凝らしていただきました。

デイ・アクティビティ
スライドの解説をする中根さん

内容は、中根さんお得意のアイリッシュ音楽ゼミナールと郡上おどり。全員で拍手をしたりリズムを取ったり、大きな動きで体操をしたりといったことは控えようということで、学びの要素をふんだんに。お一人おひとりにも毎回メモ用紙が配られます。

デイ・アクティビティ
アクティビティ用のマスクをした山下先生と、換気の風でめくれ上がるメモ用紙

大切なのは、気持ちがハイにならないこと。気持ちが高ぶってくるとどうしても声が大きくなってしまうし、あたりの空気を激しく動かしてしまいます。声を張らないよう、先生方はマイクを使用。でもそれだと一緒に歌も歌えない?

デイ・アクティビティ
ちゃんとメモも取ってくださってます(^ ^)

そこで、山下先生からの投げかけが、「心の中で唱和しましょう」と。アイリッシュ音楽には3つのリズムがあって、4拍子・3拍子・2拍子をそれぞれ「リール」「ジグ」「ポルカ」って言うんですよ、と中根さん。それを、心の中で唱和してみましょう、と山下先生。すると、声には出さないけれど、皆さんちゃんとご唱和くださるんですね!見ていてそれがよくわかります。

デイ・アクティビティ
ベランダで演奏する中根さん。皆さんのもとへは写真のスピーカーで。

最後は中根さんによるフルートの生演奏。といっても管楽器はどうしてもマスクのままでは演奏できないので、ひとりベランダで。それでも思いや臨場感が伝わるのは、同じ建物の中で、すぐ近くで演奏されるから。心の中で唱和する、心の中で歌う、それが伝わるのもアクティビティを目の前でやっていただくから。withコロナ、必ずしもリモートとは限らない方法を、山下先生方はいろいろと考えてくださっています。

デイ・アクティビティ
デイルームの壁に飾られたアジサイ

東海地方もいよいよ梅雨入り。今年も半分が過ぎようとしています。あと半年は落ち着いた日々になるといいですね・・・

にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 介護ブログへ

シェアお願いします↑