ミソノピアロゴ

ミソノピアの毎日

一足早い端午の節句と母の日と

介護フロアアクティビティの様子

この時期、2階の介護室の窓の正面に満開のハナミズキの花を見ることができます。ちょうど桜が終わった頃で、一層華やかになりますね。そんなこの日のアクティビティは、一足早く端午の節句と母の日のお話と歌。というのも介護フロアは2、3階で、アクティビティはそれぞれ月に1回ずつのため、2階での次回は5月になってしまうから。

介護フロアアクティビティの様子
窓の外に揺れるハナミズキの花
介護フロアアクティビティの様子

最初は音楽療法士の青木さんのソロを3曲。山下先生に「1/fゆらぎ」と認定された青木さんの歌声は毎回皆さんにも好評で、この日ご参加になれなかった方からの「青木さんの歌が聞きたかったね」というお声も。

介護フロアアクティビティの様子

そのあと、認知症予防の「リズムdeストップモーション」。声に出してカウントしながら両手の動きを止めたり交差したり。このとき脳が活発に働いているんだそうです。そして山下先生のギター伴奏で「こいのぼり」を。「こいのぼり」には2種類ありますよね、ということで「屋根より高い〜」と「甍の波と〜」の2曲を続けて演奏。

介護フロアアクティビティの様子

こどもの日(端午の節句)の次は母の日。最初に青木さんが歌った「サクラ」の森山直太朗さんにかけて森山良子さんの歌を。それから、日本の歌の母、という形で美空ひばりをチョイス。山下先生のお母様の話も交えながら、一足早く母の日を迎えました。こどもの日も母の日も、皆さんの懐かしい思い出を呼び戻す機会になったでしょうか。

介護フロアアクティビティの様子
「リズムdeストップモーション」で腕を交差
にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 介護ブログへ

シェアお願いします↑