介護フロアアクティビティ/「雨」に因んだ歌

介護フロアアクティビティ6月の介護フロアアクティビティ。TMG/Piashの山下先生の、今は亡きお母様の短い動画上映から開始です。こういったことが、お住まいの皆さんとのコミュニケーションに繋がりますね。
山下先生歌は梅雨の時期ということで、「雨」に因んだものを。大正7年の「雨」(雨がふります 雨がふる・・・)と大正14年の「あめふり」(あめあめ ふれふれ かあさんが・・・)を比較。因みにどちらも作詞は北原白秋。「大正7年生まれの人〜(笑)」というのもお約束(^^)

拍手の仕方
よい音が出る拍手の仕方をレクチャーしたりも

それから和傘。お使いになった方も何人もいらっしゃいますね。でも今は中国など海外で人気ということで、そのお値段を聞いて皆さんびっくり!

(こういった数字を覚える必要はないけれど、普段から数字を意識することが認知症予防になるんだそうです

続けて「ここに幸あり」で、雨は嵐へ(^^)。他にも雨繋がりの歌をあれこれピックアップ。

「せんせい」を歌いながら
首を振りながら歌うと演歌になりますよ、と山下先生。「せんせい」の振り付けを真似て

最後に今年は沖縄返還50周年ということで「涙そうそう」を取り上げると、「私は主人が沖縄の人で」という方が!本当に各地の方がお住まいになっていらっしゃいます。改めて感謝ですね。
遊歩道の紫陽花も咲いて、この11日は入梅です・・・

ゆーアーマイサンシャイン
「You are my sunshine」英語の歌詞で歌われる方も!