音リハLab.第8回/帯津良一先生の教えとリアリティ・オリエンテーション

音リハLab.第8回

タナカアリフミさん
12日に開催される帯津先生の講演会について説明するタナカさん

音リハLab.第8回。タナカアリフミさんのお話は、ホリスティック医学の先駆者として有名な医学博士、帯津良一先生が今月11日に来名されるということで、先生の教えがテーマ。作家、五木寛之氏との対談集から、タナカさんが気になった部分を抜粋してご紹介。

ビデオを流しながら山下先生のテーマは「リアリティ・オリエンテーション」。ご自分の、認知症を発症されたお母様との関わりを撮影された過去のビデオを題材に、正しいリアリティ・オリエンテーションのあり方について、最も重要なポイントを解説されました。

時間が短くなったので詳細の大半は次回に持ち越しですが、実際の介護の現場では今でも問題が見られるとのこと。高齢者介護に携わる上で、何よりも基本の必須知識のようです。

ホワイトボード