サンシャイン・アクティビティ、熱中症の危険がある日は室内で

ミラクルグリップを使って熱中症警戒アラートが発表されるほどの猛暑が続いていますね。なので、3階ミソノピアパークでのサンシャイン・アクティビティも、8月3日は室内に変更です。

一條さん
初めはデイの一條さんによるレクチャー

この日は新たに導入したミラクルグリップを活用したアクティビティ。ミラクルグリップは元名古屋市立大学の学長でいらっしゃった西野教授が開発された、握るだけで脳機能の改善にも繋がるというグリップ。まずはこれの導入に尽力した、デイの一條さんによる使い方のレクチャー。

ミラクルグリップ
これがミラクルグリップ。
山下先生の解説
山下先生による解説

次に、西野先生とも親交があり、ミラクルグリップにも詳しいTMG/Piashの山下先生による、ミラクルグリップを使った体操です。ミラクルグリップの特徴は、高反発素材でできていること、長方形であるということ、この2点。まずグッと握ると適度に押し戻される力が働くので、縮もうとする手指を伸ばしてくれるんですね。

そして、長方形であることによる掴みにくさが、脳に刺激を与えてくれるのだそう。

高く投げ上げたり
高く投げ上げたり・・・
一人キャッチボール
手から手へ一人キャッチボールをしたり・・・
つまむ動作
しっかり「つまめる」ことが重要

そこで、握ること、指先でつまむこと、投げ上げて掴むこと、といった、いろんな活用の仕方ができるというわけです。投げ上げたものを目で追い、掴もうとすることで、空間を認識する力もつくそうです。で、一斉に投げ上げては片手で掴む練習。うまく掴めなくても、やろうとすることが大事、と山下先生。ご参加の皆さんも、一緒に大いに楽しんでくださったご様子。こんなふうに、座ったままでもいろいろできるのがいいですね。気候の良い日にはミソノピアパークでキャッチボールもできますよ(^^)

振りかぶって
振りかぶってもう一方の手に渡します

この日のテーマ