ミソノピアロゴ

スタッフ、頑張ってます

認知症ケア講習第2回・より具体的に

認知症ケア講習会の様子

前回9月15日に続く認知症ケア講習会の第2回は、短い事例のDVDを見て考えるという内容です。講師は前回同様松田優子先生。

認知症ケア講習会の様子

DVDに入る前に認知症の主な原因の紹介と、それを踏まえた上での認知症ケアの基本についてのお話がありました。認知症の方を前にして最も大切なことは何か、集まったスタッフは真剣にメモを取りながら先生の話に注視。
その後、話の内容をDVDによる具体的な事例で確認。認知症を発症している方の前でスタッフが嘘を言って気持ちを静めさせる場面では、自分の常日頃の行動と照らし合わせて施設長から思わず笑いが。

認知症ケア講習会の様子

「噓も方便」という言葉がありますが、認知症の方にとっては一瞬一瞬が大切。そうでない方以上にその場その場を生きていると考えることで、ケアする側の対応にも意味が生まれてくるのでしょうね。

認知症ケア講習会の様子

それから対応時の言葉の選び方や表現方法など、実際の場からでなければ学び得ないこともたくさんあります。そういったことを知ることができただけでも、この2回の講習は大変有意義なものでした。あとはそれぞれのスタッフが現場でどう活かしていくかですね。松田先生、山下先生、本当にありがとうございました。

認知症ケア講習会の様子
にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 介護ブログへ

シェアお願いします↑