ミソノピアロゴ

ミソノピアの毎日

サトウハチローと虫の音と

朗読アクティビティの様子

お庭の桜の葉も散り始めて、ミソノピアの周りもようやく秋。前の日、秋の旅行に参加されたご入居者様も、この日も変わらずお元気です。

朗読アクティビティの様子
宮崎さんによる伸展運動

この日は久しぶりの朗読アクティビティ。学習ほっこり療法®︎の宮崎さんによるこのアクティビティはファンも多いんですよね(^ ^)。今回は珍しく宮崎さんによる伸展運動から。

朗読アクティビティの様子
発声のポイント、最後は笑顔(^ ^)

そしてテーマはサトウハチロー。発声練習に始まって、サトウハチローの前にまずは秋の歌から。「赤とんぼ」や「里の秋」など、秋の唱歌を皆で歌います。ご参加の皆さんももうすっかり慣れたもの。発声練習の甲斐もあって、皆さん気持ちよく歌われます。歌の合間にはYouTubeで虫の音を流してひとしきり秋の雰囲気に。

朗読アクティビティの様子
宮崎さんと声を合わせて斉唱する皆さん

朗読の前にはサトウハチロー作詞の歌も。「悲しくてやりきれない」は、つい最近アニメ映画「この世界の片隅に」でも使われましたね。

サトウハチローという人は、子どもの頃は手のつけられないどうしようもない人だったそうですねー、という話に、そうそう、と頷くよくご存知の方もいらっしゃいます。思い出すこと、懐かしむこと。こういったことも健康寿命維持にはとてもいいんですよね。

朗読アクティビティの様子

朗読用に宮崎さんが用意された詩が、「母という字を書いてごらんなさい」。ご参加のおひとりにマイクをお渡しして読んでいただくと、優しくて心に響く大変味わい深い朗読でした。後ろの席の方も小声で、お上手ね、と。

朗読アクティビティの様子

最後は山下先生、中根さんと3人でセッション。懐かしい歌と美しい日本語に触れた心温まる時間となりました。

朗読アクティビティの様子
にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 介護ブログへ

シェアお願いします↑