ミソノピアロゴ

ミソノピアの毎日

ショパンとリスト、どっちがイケメン?

ゼミナールの様子

10月のミソノピアゼミナールは、『ピアノの詩人、ショパンの魅力』と題して、ピアニスト・川添由梨香さんによるショパンの講座です。リハビリ室所属の音楽療法士、青木さんも入ってステージセッティング。この日は雨模様だけど、逆にそれがレースのカーテン越しにいいムード。

ゼミナールの様子
譜面台の高さにもこだわって

ピアニストの川添さんは以前にもお越しとあって、この日を楽しみにしていらっしゃった方も。「楽しみに待ってたんですよ」とおっしゃってくださる方もいて、嬉しい限りです(^ ^)

ゼミナールの様子
ショパンの肖像画と川添さん

ショパンはお好きな方が多くて、演奏が始まると皆さんすぐに引き込まれていきます。演奏の合間にはフランス時代のショパンについて説明があったり、フリップでリストと比較をしたり(小学校の音楽室に飾ってあるような肖像画ですよ)、学びの要素もいっぱい。(ショパンとリスト、どっちの顔がお好き?)

ゼミナールの様子
フリップを掲げる青木さんと

同じ曲の異なるアレンジを紹介したり、「子犬のワルツ」の早弾きトライアルでは、普段1分30秒くらいかかるところを1分1秒で!演奏したりと、お集まりの皆さんの目も耳も釘付けに。

ゼミナールの様子

外は、始まりは台風性の雨だったけど、演奏中は止んでしまったようです。たっぷりショパンに浸った後は、ダンスのタナカさんによる「美・ウォーキング」。健康にいい、美しい歩き方のレッスンです。こちらも定番なので、ゼミナールの後は体をほぐすというのがいいですよね。

ゼミナールの様子
ゼミナールの様子
タナカさんの美・ウォーキング
にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 介護ブログへ

シェアお願いします↑